SNAPPINGに魅せられて

フロリダドロガメとスジクビヒメニオイガメの飼育日誌

初ペット

娘がどうしてもチャンノイデスを飼育したいと言うので
飼育を任せてみる事にしました。
金魚を飼っている友達の影響みたいです(笑)

P1110178.jpg

現在の飼育容器はこんな感じ(汗)
娘が万一倒しても大丈夫なように蓋つきのポリ容器(海苔の入れ物)です。(笑)
蓋の中央部に空気用の穴をあけています。

P1110177.jpg

久々に登場のチャンノイデスちゃん。
まだ無加温飼育ですが餌喰い良好!!





スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 22:18:50|
  2. チャンノイデス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

至難

チャンノイデスの画像なんですが、ブラックウォーターの影響か私の腕が未熟
なのか(多分後者・・苦笑)綺麗な画像が撮れません(泣)

P1100329.jpg

フラッシュを使用するとヒレの色が飛んじゃうし・・・

P1100339.jpg

曇り空とはいえ太陽光の下でも薄暗い感じ・・・・
徐々に色揚げが進むチャンノイデスの色彩を伝えられないのが残念です。





  1. 2014/08/14(木) 12:00:49|
  2. チャンノイデス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒水の素

チャンノイデスの飼育水をブラックウォーターにしていますと
以前書きましたが、我が家のブラックウォーターは「アルダーシード」
で作っています。

P1100305.jpg

これが「アルダーシード」です。
松ぼっくりの赤ちゃんみたいな感じかな(笑)
1粒水槽に投入し、飼育水が薄茶色に変化したら出来上がり。

色が出なくなるまで繰り返し使えますが、結構いい値段なので
松ぼっくりを代用できないか真剣に調査中(笑)





  1. 2014/07/27(日) 18:39:57|
  2. チャンノイデス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

色揚げ

飼育を開始して1週間、早くもチャンノイデスの色揚げが徐々に始まりました!!

P1100266.jpg

エラとヒレが薄っすらと赤みを帯びてきました。
ヒレの先端から白色・黒色・赤色に発色しています。

P1100253.jpg

身体も、ほんのり赤味がかってきてます。
さらに成長すると全身真赤っかになるみたいです(笑)

P1100254.jpg

飼育が順調な証拠かな?






  1. 2014/07/19(土) 18:44:09|
  2. チャンノイデス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

異種隣人

玄関にチャンノイデスとスジクビヒメニオイガメの水槽を設置してみました。

P1100236.jpg

シンプルに仕上がりました(笑)
実はベタの飼育を決定づけたのは、このシンプルさなんです!!
エラ呼吸と空気呼吸ができるベタは、エアレーション等の器具を必要としません。
故にカメ感覚で飼育出来る為に水槽回りも超スッキリ!!!
素敵でしょ(爆)

P1100240.jpg

画像を見て「チャンノイデスの水質が悪くなってませんか?」と思われた方・・・・・

実は弱酸性の水質がお好みのチャンノイデスの為の
特性ブラックウォーターなんです。

生体の大きさと比較しても十分な水量を確保してるので、フィルター無しでも
3日に1度、約半分程の量の水換えを行なうのみです。







  1. 2014/07/17(木) 21:39:13|
  2. チャンノイデス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ