SNAPPINGに魅せられて

フロリダドロガメとスジクビヒメニオイガメの飼育日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

優等生


フリンジヘラオヤモリが我が家に来て数日経ちますが、予想以上に
飼育しやすい印象です。
給餌の際は、コオロギをばら撒き給餌で捕食させているんですが毎日1匹
の捕食は直接確認しています。(見ていない時を含めると1日数匹捕食して
るんでしょうか?)とにかく生餌に対する反応が抜群に良いですね!

肝っ玉もすわっていて、霧吹きをした直後に捕食行動をしたりします。
このまま順調に飼育出来ればイイですね~(笑)

P1090710.jpg

この悪魔の使いの様な「凶悪ヅラ」が素敵すぎます(笑)









スポンサーサイト
  1. 2014/02/25(火) 21:21:47|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小春日和


朝の水換え前に、部屋に温かい日差しが差していたのでスジクビヒメニオイガメに
室内水中日光浴(笑)をして頂きました~

P1090702.jpg

温かい季節が待ち遠しいですね。







  1. 2014/02/23(日) 17:25:07|
  2. スジクビヒメニオイガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

生きる芸術品

前回紹介しましたニューフェイスのフリンジヘラオヤモリですが、ヘラオヤモリ属最大種で
MAX30cmオーバーになります!!

SHOPの方曰く、「飼育の難しいとされるヘラオヤモリの中でも大型種のフリンジは体力が
あり環境への適応力も高いので比較的飼育のハードルは低い」との事でした。
私自身実はエダハヘラオヤモリにもっとも魅かれているんですが、小型種のエダハはフリンジに
比べて決定的に体力(生命力)が繊細で小さなトラブルで落としてしまう事もあるそうです。
以上の理由からフリンジの購入に至ったわけですが、SHOPに2匹いた生体の中からより体力の
ありそうな大きめのヤング個体を購入する事にしました。

当然ながら餌喰いの確認も行ないました、捕食はしませんでしたがケージにコオロギを
ばらまいてもらい反応を見ると、本来の捕食活動時間でない午前中にもかかわらず、
コオロギの動きを敏感に目で追い今にも捕食しそうな勢いでした!!
この状態の良さなら大丈夫だろうと根拠のない自信がみなぎりました(苦笑)

P1090691.jpg

我が家に来てから2日目にLサイズコオロギをすんなり捕食(ひと安心)
昨日の夕方から脱皮がはじまり私も手伝って無事脱皮完了!!
背中の白い部分は脱皮不全ではありません、こんな体色なんです(笑)
指先に皮が残ってますけど(爆)

P1090696.jpg

苔っぽい樹皮っぽい擬態は流石ヘラオヤモリ!!渋すぎます(笑)

縁あって飼育をはじめたフリンジヘラオヤモリ、若輩ながら
寿命を全うさせてあげれる様に心を込めて飼育していきます。







  1. 2014/02/22(土) 17:50:33|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

擬態番長

最近はゲッコー飼育にどっぷりとハマっている私ですが、
以前にもブログに書きましたが個人的に「擬態・保護色」
の生体が大好きです!!(笑)

で、ゲッコー界の擬態・保護色で有名なのは「ヘラオヤモリ属」の
仲間でしょう。
エベノーヘラオヤモリ・エダハヘラオヤモリ・ヤマビタイヘラオヤモリ等々
とても魅力的な生体が飼育心をくすぐります(笑)

しかしながら一般的には飼育上級者向けの種であり、ネット上に溢れているヘラオヤモリの
飼育情報に、私を含めて二の足を踏んでいる方も多いと思います。

ただ、ヘラオヤモリの仲間も徐々にCB個体も増えてきて、飼育方法も
随分確立されているみたいで種によっては身近な生体になってきてるかな~
とも思います。


素人の私が偉そうに語ってしまいましたが、
何を言いたいかと言いますと・・・・・・




P1090683.jpg

我が家にフリンジヘラオヤモリ降臨~ しました(汗)

                                            次回へ続く(笑)











  1. 2014/02/20(木) 14:51:28|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予定日


パラシュートゲッコーの卵なんですが、画像では判りにくいですが
肉眼で見ると少し透けている感じなんです。
で、よく見ると卵の中に「黒い物体」を確認できました!!!

P1090672.jpg

素人の私が見た感じなので確信はないですが、有精卵かなと思います(嬉)

卵を発見してから1ヶ月、諸先輩方のブログを読むと大体2~3ヶ月で孵化
するみたいなので順調にいけば3月末位が「出産(孵化)予定日」でしょうか。(笑)
とても楽しみですね。











  1. 2014/02/16(日) 18:54:59|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不定期身体測定


前回12月に測定をしているのでちょっと早いかなと思いつつ
甲長測定をしてみました。

P1090665.jpg

なんと1センチUPの甲長8センチ!!!
最近の旺盛な食欲でかなり急成長してる感じですね(笑)
成長線もイイ感じ!

P1090668.jpg

なんとなく腹甲も撮影してみました(笑)









  1. 2014/02/15(土) 20:27:42|
  2. スジクビヒメニオイガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

匍匐前進

真夜中にパラシュートゲッコーのケージを覗くと食べ物を捜しているのか
地表に降りていました。

P1090651.jpg

観察してみるとやっぱり活動的な雌個体でした(笑)

P1090659.jpg

床材のヤシガラの色に擬態して、ほんのり茶色くなってるパラちゃんでした。






  1. 2014/02/09(日) 08:05:39|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

威風堂々


パラシュートゲッコーの雌個体は飼育環境にかなり順応してきたみたいで
私がケージに近づいても隠れる素振りも見せず堂々としてます(笑)

P1090631.jpg

この調子なら、もしかしてピンセット給餌も夢じゃないかな?










  1. 2014/02/04(火) 22:15:41|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偏食

当ブログにてヒガシアフリカネコツメヤモリの餌喰いの良さを
書いていますが、小さな雄個体はやや偏食気味なんです。

餌喰いが悪いわけではありませんが、好き嫌いがはげしい感じです(汗)

ハニーワーム・・・・・・大好物!4~5匹はペロリ
コオロギ・・・・・・・・・・気分しだいで空腹時に1匹捕食するかしないか位(汗)
シルクワーム・・・・・・まったく無視して食べる素振りも見せません(涙)

P1090621.jpg

雄個体は人間でたとえると「よちよち歩きの赤ちゃん」位な感じなんでしょうか、
ミルクの「ハニーワーム」から離乳食の「コオロギ」に移行する過渡期みたいな
時期の気がします。
小さい雄個体にはハニーワームの方が「のどごし」が良いんでしょうね。
ネット上でも「アフネコのベビーサイズは立ち上げに苦労する」的な記事を
読んだ記憶があります。
個体差もあると思いますが、アフネコのベビーサイズ立ち上げにはハニーワームが
お薦めです!!

P1090625.jpg

追記・・・SHOPでトッケイが爆食してたシルクワームはパラシュートもアフネコも完全無視(涙)
      スジクビちゃん専用の生餌になりました・・・
      飼育ってトライ&エラーの繰り返しですね。







  1. 2014/02/02(日) 19:48:52|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪食


ヒガシアフリカネコツメヤモリはホント大食漢!!
小さい体なのによく食べます(笑)

P1090615.jpg

コオロギを狙うアフネコ雌個体!!

P1090616.jpg

カルシウム添加コオロギGET!!!(笑)

P1090617.jpg

アフネコはホントにお薦めの生体ですね~。
小型で飼育も容易だし身体も丈夫・・・
何にもまして餌喰い抜群!!!

私の様な「捕食マニア」には特にお薦めのゲッコーです。
本日はコオロギ3匹ペロリ(笑)
その食べっぷりに癒されます(爆)

P1090592.jpg

もうワンペア増やそうか真剣に思案中です。












  1. 2014/02/01(土) 22:13:56|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大脱走


本日深夜に、パラシュートゲッコーのケージを清掃しました。

P1090604.jpg

清掃中にプラケースに一時避難している、パラちゃんペア(笑)

ただプラケースに移す際にメス個体が脱走しリビングを逃げ回りました(汗)
5分程で捕獲しましたが、嫁子供が2階で寝てたので助かりました~
ただでさえゲッコー飼育に難色を示している嫁の前でもし脱走されたら
エライ事です(爆)

P1090609.jpg

捕獲後も素知らぬ顔のメス個体(笑)

P1090610.jpg

メスに比べて当ブログで露出の少ないオス個体(笑)

P1090594.jpg

卵もチェックしましたが、以前と比べると少し黄色くなっている部分が
できてました。
下の卵の一部が少し凹んでいるのが気になりますが・・・(汗)

有精卵かどうかは未だに判りませんが孵化してほしいですね~







  1. 2014/02/01(土) 02:44:30|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。