SNAPPINGに魅せられて

フロリダドロガメとスジクビヒメニオイガメの飼育日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重戦車


最近は温かい気候のせいか、より食欲も旺盛なスジクビヒメニオイガメ。
絶食日を除き、食べるだけ給餌しているのでマッチョな体型になりました(笑)

P1090815.jpg

気のせいか巨頭化しつつあるような・・・・

P1090818.jpg

甲羅の厚みも出てきて、貫禄十分って感じデス。









スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 14:38:17|
  2. スジクビヒメニオイガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリンジヘラオヤモリ飼育日誌 其の三「給水」


購入したショップの店長さんに教えて頂いたんですが、フリンジヘラオヤモリの
飼育ポイントは、とにかく生体が脱水状態にならない様に小まめに給水をして
あげて下さいとのこと。

しかし私も会社勤めの身、1日に何度もケージ内を霧吹き出来ません。
そのため、朝晩の霧吹きは「たっぷりとビチャビチャになるまで」行ないます。
そして霧吹き中に流木の水を舐めとる仕草をしたら、舐めとる仕草が終わるまで
流木に水を流します。

店長さん曰く「キッチリと給水させていれば体調も崩さないので、餌喰いも
落ちる事はないでしょう」
更に「しっかり給水させれば、1日2回の霧吹きでも大丈夫でしょう」との事。

ヘラオヤモリの飼育成功のポイントは「給水」にあるみたいですね。

P1090797.jpg

文章と関係ないですが、禍々しいフリンジヘラオヤモリの後ろ脚です(笑)








  1. 2014/03/29(土) 18:52:37|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極悪ペア

ヒガシアフリカネコツメヤモリにイエコLサイズを給餌しました。
雌はなんと3匹完食!!3~4倍以上の大きさのフリンジちゃんとほぼ
互角の大食漢!!!

P1090777.jpg

奥が雌で手前が雄です。雄は雌より一回り小さくて、1匹の捕食で
ご満悦(笑)

P1090783.jpg

カワイイ顔してても凶悪、このギャップがイイんですよ。








  1. 2014/03/26(水) 22:08:35|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フリンジヘラオヤモリ飼育日誌 其の二「湿度」


フリンジヘラオヤモリのケージ内は超多湿です。(笑)
湿度計は常に80%以上で100%を振り切る事も日常茶飯事(爆)
霧吹きは基本1日朝晩2回ですが、休日には3~4回行ないます。
ケージ内が「ベチャベチャ」になるまで霧吹きをします。
同時にフリンジちゃんにも容赦なく霧吹きを直接全身に噴霧します。

P1090775.jpg

2日もすれば床材には水たまりが出来て昔飼育していたツノガエルの
床材よりも「ビチャビチャ」な感じ(笑)
溜まった水はティッシュペーパー等で吸水しています。
「やや高温超多湿」の環境が我が家のフリンジちゃんはお好みです。







  1. 2014/03/22(土) 22:19:33|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリンジヘラオヤモリ飼育日誌 其の一「温度」


我が家のフリンジヘラオヤモリの飼育環境を数回に分けて
お伝えしようと思います。

ケージ内の温度設定は25℃~28℃くらいです。
一般的なヘラオ属の飼育温度としては高めでしょうか?
もともと熱帯雨林に生息しているフリンジなので低い設定よりは
これくらいの温度の方が我が家のフリンジちゃんは調子イイみたいです。

ケージ内温度が25℃を下回ると保温材(発泡スチロール等)で
ケージを囲み、常に25℃~の設定を心がけています。

P1090761.jpg

先日、飼育を開始してから我が家で2回目の脱皮を終了し、
ますます絶好調なフリンジちゃんです(笑)








  1. 2014/03/20(木) 21:44:30|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

唯一無二

今更ですが我が家のフリンジヘラオヤモリをご紹介します(笑)

雌で体長約20cmのWCヤング個体です。

擬態に特化しているため他の樹上性ヤモリの様に素早い動きをする
必要が無い為に、普段はまるでカメレオンの様なスローモーな動きです。
が、捕食の際だけはカメレオンみたいに「飛び道具」が無い為に電光石火
の動きを見せてくれます(笑)

P1090757.jpg

画像で伝わらないのが残念ですが、この苔生した感じの皮膚感は
どれだけ見ても見飽きませんね(笑)
まさに「生きた芸術品」ですね。

追記・・・ヘラオヤモリは大袈裟に言うと、見る都度変化しているみたいに
      見えます。前日のブログ画像(3月8日)と今日の画像、同じ
      フリンジに見えないでしょう(驚)
      まさに七変化!!(笑)












  1. 2014/03/09(日) 20:50:00|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康優良児


今のところ順調な感じで飼育出来ているフリンジヘラオヤモリ。
餌喰いも良好でここ数日イエコじゃなくて、より大きいサイズの
フタホシLサイズを1日2匹捕食しています(嬉)
飼育当初より少し胴回りが太くなったように思います。

P1090745.jpg

このまま安定してくれるかな~(笑)












  1. 2014/03/08(土) 22:23:30|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満腹


飼育当初から食べさせていた「カメプロス沈下性 小ペレット」を
本日スジクビちゃんが完食しました。

ベビーサイズの時は2~3粒しか食べず、食べ切るまでには何年かかるのかな
と思ったものですが、ここ数カ月は20粒以上爆食し約1年で完食しました~。

P1090738.jpg

少食で心配していた頃が懐かしいですね(笑)






  1. 2014/03/04(火) 22:03:56|
  2. スジクビヒメニオイガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暴れん坊将軍


ヒガシアフリカネコツメヤモリは餌喰いサイコーです!!

P1090734.jpg

小型種ながら圧倒的存在感も◎個人的にはもっと人気があってもイイと思います。
たとえるなら「体長10センチのトッケイヤモリ」って感じでしょうか(笑)

トッケイは大型種で手に負えない感がありますが、アフネコは噛まれても痛くないので
ハンドリングもOK(爆)
みなさん是非飼育してみてくださいネ。









  1. 2014/03/03(月) 21:10:53|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

擬似環境


順調に飼育がスタートしたと言えどもまだ飼育開始から10日ほど・・・
相手はヘラオヤモリ属の最大種フリンジヘラオヤモリ。
ヤモリ飼育初心者の私が調子に乗ってしまえるほどヤワな相手ではありません(苦笑)

餌喰いは1日に2~3匹のコオロギを捕食しています。(どうなんでしょうか?)
が、やはり中学生と小学生の子供のいる家なので静かな飼育環境とは言いにくい面も・・・(汗)

そこで少しでも落ち着ける環境を提供しようと、裏山で丁度良いサイズの樹皮を
拾ってきました。

P1090727.jpg

イイ感じでしょ(笑)
しばらく乾燥させて熱湯消毒等を行なってからケージに入れようと考えています。







  1. 2014/03/02(日) 17:23:51|
  2. フリンジヘラオヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛獣


我が家では一番小さなヤモリのヒガシアフリカネコツメヤモリですが
ケージの清掃等の際にハンドリングするんですが、生意気に噛んできます(笑)

P1090714.jpg

全然痛くないんですが身体の大きいパラシュートより噛む力が強いみたいですね!(凄)
歯もパラちゃんよりギザギザしてる感じがします。
生体の特徴(性格)が反映されてるみたいで面白いですね。







  1. 2014/03/01(土) 00:05:32|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。