SNAPPINGに魅せられて

フロリダドロガメとスジクビヒメニオイガメの飼育日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

譬え

以前、当ブログでヒガシアフリカネコツメヤモリを「虎や黒豹のよう」と
個人的感想を書きましたが、パラシュートゲッコーはそのしなやかな
体躯から「チーター」を連想します。

P1140325.jpg

言い得て妙、なんとなく分かって頂けますか?









スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 20:59:37|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やきもき

なかなか脱皮しない&長期拒食中のメキシカンピンク様・・・・・

P1140306.jpg

このまま大きくならない架空の新種「ドワーフメキシカンピンク」とかだったりして(笑)







  1. 2016/05/30(月) 22:03:25|
  2. メキシカン ピンク Brachypelma klaasi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖怪ろくろ首

フロリダドロガメだけじゃないですが、カメってほんと首が長いですよね~

P1140305.jpg

知らない人が見たら上記の画像は「ヘビクビガメ」って言っても信じるんじゃないかな?(笑)
本家の「ヘビクビガメ」って妖怪レベルなんでしょうね(良い意味で)






  1. 2016/05/29(日) 11:43:06|
  2. フロリダドロガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誤診希望

我が家のメキシカンレッドレッグはとても大人しく飼育を初めてから
「蹴って」るのを見たのは僅か1~2回ほど。

P1140285.jpg

給餌の際にプラケを動かしても「我関せず」って感じ(笑)

脱皮殻を見た感じでは雄濃厚(泣)・・・・・
間違いであってくれ~(苦笑)








  1. 2016/05/27(金) 22:37:07|
  2. メキシカンレッドレッグ Brachypelma emilia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安心サイズ?

ami sp chica の飼育も今のところ順調です。
ほぼ毎日イエコのSSサイズを捕食しています。

P1140275.jpg

まだまだ小さいですが、ガッチリしてきて
脆弱な感じは無くなって来ましたね。








  1. 2016/05/24(火) 20:54:16|
  2. ami sp chica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛の巣

体格の差が大きかったので我が家ではずっと別居してた
ヒガシアフリカネコツメヤモリですが、ふと思い立ち同居させてみました。

P1140262.jpg

プラケ大に二匹を投入し、暫く様子を見ていましたがケンカもせず
相性もよさそうなので一安心です。
ベビー誕生の期待は気が早いですかね(笑)






  1. 2016/05/23(月) 20:50:26|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心機一転

身内に不幸がありまして、一週間ほどブログ更新が滞っていましたが、
気持ちをきりかえて本日よりブログを綴っていきたいと思います。
ヨロシクお願いします。

P1140251.jpg














  1. 2016/05/22(日) 19:14:26|
  2. ブログ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

口渇

普段あまり見た事がないんですが、メキシカンピンクが水を飲んでました。

P1140238.jpg

なにかお風呂にでも入っている見たいですね(笑)








  1. 2016/05/15(日) 22:20:58|
  2. メキシカン ピンク Brachypelma klaasi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼力

一点の曇りも無い純粋無垢な瞳

P1140218.jpg

ジッと見ていると、その魔力にやられてしまいますよ。
ご注意を!!







  1. 2016/05/13(金) 21:33:55|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SS サイズ

先日、我が家で初脱皮を済ませた ami sp chica ですが、脱皮まる2日後から
SS サイズのコオロギを給餌しています。

P1140212.jpg

判りづらいと思いますが、SSコオロギを捕食しています。

が、とにかくコオロギが小さくて給餌しにくい・・・(苦笑)
指で捕まえるのは無理でしょう、少し押さえると潰してしまいます(汗)
おまけにピョンピョン跳ねて何匹脱走したか分かりません(泣)
苦肉の策で綿棒に唾をつけてひっついたコオロギをなんとか飼育カップに運んでいます。
小さなコオロギを扱うなんか良い方法ってないでしょうか?







  1. 2016/05/12(木) 22:08:08|
  2. ami sp chica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連敗か!?

実は三日ほど前にやっとメキシカンレッドレッグが脱皮しました~(嬉)

P1140135.jpg

脱皮殻を調べたら何となく・・・・・・雄・・かな・・・(涙)

P1140203.jpg

脱皮も無事に終了し、コオロギを爆食するレッドちゃんです。










  1. 2016/05/10(火) 20:37:31|
  2. メキシカンレッドレッグ Brachypelma emilia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物性タンパク質

最近フロリダドロガメによくコオロギを給餌します。
当然ながら配合とはケタ違いの喰い付きの良さ(笑)

P1140189.jpg

先程、配合+イエコ Lサイズ4匹を捕食してご満悦のフロリダちゃん(笑)







  1. 2016/05/09(月) 20:36:23|
  2. フロリダドロガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早速

ami sp chica 脱皮してました(笑)

P1140176.jpg

なかなか順調なんでしょうか、油断は禁物ですが。









  1. 2016/05/08(日) 20:45:52|
  2. ami sp chica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪魔の飽食

パラシュートゲッコーの飼育ケージを覗いてみるとフタホシがイエコを食べていました。

P1140168.jpg

種は違えども共食いってなんだか禍々しくてショッキングな感じ(苦笑)









  1. 2016/05/08(日) 19:04:05|
  2. 飼育環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マニア種

前回、少しだけご紹介しました新顔のタランチュラ 「ami sp chica」 について
書かしていただきます。

現在コモンネームは無いそうですので、学名の 「ami sp chica」 (アミ SP チカ)が
呼称になるんでしょうか。
北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の境に位置する「パナマ共和国のコクレ県」が生息地のようです。
パナマの気温は昼間は30℃夜間は20℃前後なるようで寒暖の差が少しある感じですね。
典型的な熱帯雨林気候で年中暖かい土地柄の様で羨ましいですね(笑)

購入先の「OFFSPRING」さんで確認すると体長3cm位のタランチュラとしては「小型種」の
部類だそうです。

購入前に ami属に関して簡単に調べてみたんですが、ami属にも数種類ありまして、
sp panama / sp venezuela / sp colombia / sp costarica  なんて学名がネット検索で
HITします。
panama と venezuela は色味が派手でカッコイイ感じ、colombia と costarica はやや地味な
配色で、ami sp chica は後者の地味な配色になるようです。
ami属は殆んど入荷されないそうなので、日本でもあまり飼育されていないのでは?って
感じのようですね(特にchica は)

ただ少し不安要素が・・・・・・

P1140170.jpg

ちっさっ!!!  人生初のダニサイズ飼育(苦笑)・・・・大丈夫かな~(汗)
鉛筆の先の左側上部に居るのが判りますか~

床材は半分軽く湿らせて半分乾燥してるんですが、意外と乾燥してるところでよくジッとしていますので
あまり濡れた床材は好みで無い様な感じも?します。
不安要素も多いんですが、夜な夜な飼育カップ内を徘徊しているので今のところ大丈夫かな(苦笑)









  1. 2016/05/08(日) 14:01:14|
  2. ami sp chica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ami sp chica  降臨


P1140160.jpg

詳細は後日に








  1. 2016/05/06(金) 21:36:39|
  2. ami sp chica
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熟成期間

拒食が始まって早3週間越え・・・・

P1140122.jpg

腹部はずっとパンパンのままなので大丈夫と思いますが、やっぱりヤキモキしますね(苦笑)
雄確定のレッドニーやBBの脱皮サイクルと比較すると明らかに遅いです。
雌蜘蛛の特徴なら嬉しいんですけどねー(笑)







  1. 2016/05/05(木) 20:12:14|
  2. メキシカンレッドレッグ Brachypelma emilia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指名手配

ヒガシアフリカネコツメヤモリってなんだか人相?が悪いですよね(笑)
アフネコに限らずヤモリって全般的に「極悪面」が多いと思います。

P1140105.jpg

微笑んでるみたいな口元が悪いのか、上の画像では詐欺師っぽい感じも・・・(苦笑)
表情が豊かなところも魅力のひとつではないでしょうか。







  1. 2016/05/03(火) 16:40:34|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視線の先

パラシュートゲッコーが凝視しているのはタランチュラのメキシカンピンク・・・(笑)

P1140116.jpg

まだそんなに大きくないピンクちゃんですが、それでもパラちゃんの口の大きさでは捕食出来ないと
思うんですが、自然界では捕食対象なのでしょうか?

P1140110.jpg

毒蟲を捕食しても中毒にはならないのかな?
ピンクちゃんが成体の大きさになると逆にパラちゃんが捕食対象ですね(苦笑)







  1. 2016/05/02(月) 19:56:25|
  2. パラシュートゲッコー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活

蜘蛛ネタが続きますが・・・・・
メキシカンピンクちゃんの食欲がすごいんです!!!
拒食から立ち直って急にスイッチが入ったのか、この土日に
一日2匹のコオロギ計4匹を捕食し絶好調~(笑)

P1140100.jpg

あの拒食はなんだったんだ?(苦笑)









  1. 2016/05/01(日) 22:44:00|
  2. メキシカン ピンク Brachypelma klaasi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。