SNAPPINGに魅せられて

フロリダドロガメとスジクビヒメニオイガメの飼育日誌

ブラジリアンレッドの捕食動画

レッドローチを捕食するブラジリアンレッド!!!!



スポンサーサイト
  1. 2016/11/30(水) 21:29:50|
  2. ブラジリアンレッド Nhandu carapoensis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫爪捕食動画 其の2

レッドローチを捕食するヒガシアフリカネコツメヤモリを
お楽しみください!!!



  1. 2016/11/29(火) 21:11:50|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

中国虎脚百足動画

チャイニーズタイガーレッグの捕食しそうで捕食しない(笑)
動画をお楽しみ下さい!!



  1. 2016/11/28(月) 21:14:08|
  2. チャイニーズタイガーレッグ Scolopendra sp. “Guizhou”
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫爪捕食動画

ヒガシアフリカネコツメヤモリにレッドローチを給餌してみました。
コオロギに飽きていたのか初ローチに凄まじい反応で捕食していました!!

久々の動画で画面が縦に固定されて見にくいですが、後半は素晴らしい
自画自賛のアングルになってます(笑)
では、捕食シーンをお楽しみください!!!




  1. 2016/11/27(日) 14:22:34|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤモリ属ネコ科

「ヒガシアフリカネコツメヤモリ」フリークの私は1日中だってアフネコを
観察できます!!
なぜって?

P1150543.jpg

好きだから!!!(笑)
やっぱりカッコいいワ~♥

P1150559.jpg

小型種なので小スペースで飼育が出来るのもありがたいです。

P1150539.jpg

上記画像は雌個体、腰回りがふっくらしてセクシーでしょ?(笑)
成熟してると思うので、そろそろベビー(産卵)を期待してるんですが
交尾はまだ見た事がありません(泣)









  1. 2016/11/22(火) 21:14:29|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満身創痍

前回の脱皮(最終脱皮?)で第一脚に「セックスフック」が出現し、
雄確定のチリアンフレイム。

P1150531.jpg

前々回の脱皮不全で取れた第3~4脚も再生されないまま・・・・(泣)
脱皮後は一切捕食せずの拒食状態で日に日に弱っていきますが
残り少ない命を最後まで看取ってあげようと思います。










  1. 2016/11/18(金) 21:22:45|
  2. チリアンフレイム Euathlus sp red
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透明度

スジクビヒメニオイガメの飼育プラケースも早3年目に突入(苦笑)

P1150511.jpg

プラケ自体の透明度も落ちてきた上に傷だらけなので、美麗なスジクビちゃんを観賞しにくくなりました(泣)
が、まだまだガンバってもらいます(笑)
飼育水はいつも綺麗なので、中身で勝負!!です。













  1. 2016/11/16(水) 20:51:42|
  2. スジクビヒメニオイガメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くいしん坊!万才

ヤエヤマサソリに生餌を給餌する際、ヤエヤマサソリ自体が小さいので生餌も
小さな生餌を与えがちですが、思い切ってMサイズクラスのイエコを給餌しても
怯むことなく喰い付きます(笑)

捕食させるにはちょっと「コツ」がありましてコオロギ自体が「活きのイイ状態」
でないとダメみたいです。

なのでコオロギの頭は潰さずに後足だけを取りますが、この状態でもコオロギは
前足だけで結構速いスピードで動き回るので、前足をピンセットで1本1本「ギュ」っと
はさみ「骨折状態」にします。

上記のコオロギは、ほとんど動けない状態ですが前足をバタつかせ体をくねらせて
ヤエヤマサソリを誘ってくれます(笑)

ヤエヤマサソリの隠れている樹皮の近くにコオロギを置いておくと
樹皮の中に引きずり込んで捕食します。
最初、樹皮に頭を突っ込んでるコオロギを見た時、ヤエヤマサソリを
襲っている?と一瞬思いましたが逆でした(笑)

P1150503.jpg

上記画像は食事中に隠れ家の樹皮をとられてご立腹のヤエヤマサソリ(笑)
見にくいですが、コオロギの頭は食べられてしまってます。

さすがに完食は無理ですが、いつも3分の1くらいは食べちゃいます。









  1. 2016/11/15(火) 22:10:05|
  2. ヤエヤマサソリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リラックス

脱皮を終えて寛いでいるヒガシアフリカネコツメヤモリ(笑)

P1150495.jpg

一仕事終えた後の脱力感が出てるでしょ?(笑)









  1. 2016/11/12(土) 22:04:03|
  2. ヒガシアフリカネコツメヤモリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャイニーズタイガーレッグ解体新書

昨日、我が家へ迎え入れた新メンバーのチャイニーズタイガーレッグを
簡単にご説明します。

その名の通り中国産のオオムカデで、呼称はチャイニーズタイガーレッグや
主に貴州省に棲息することからコイチョウ(貴州)タイガーレッグなんて呼ばれているようです。
体長は15cm~20cm位に成長するようですね、飼育下では20cmまでは
いかない感じかな?どこまで大きくなるか我が家のタイガーレッグで検証してみようと思います。

オオムカデなので成体の毒性はとってもデンジャラス!!
脱走と噛傷の予防に最大限の注意を払おうと思います。

P1150476.jpg

大きさの比較の為、1円玉を置いてみました。
小さいですね~(笑)

P1150478.jpg

画像では判りづらいですが、SSサイズのイエコを爆食中です!!
早く大きくなれよ~目指せ!!20cmオーバー!!!









  1. 2016/11/11(金) 22:21:14|
  2. チャイニーズタイガーレッグ Scolopendra sp. “Guizhou”
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイガー&ドラゴン

本日、禁断の扉をあけて新しい生体を迎え入れました。

P1150464.jpg

その名は チャイニーズタイガーレッグ!!  中国貴州省産のオオムカデです。

購入先はいつもお世話になっている「OFFSPRING」さんです。
オオムカデと言っても爪楊枝よりも短いくらいの大きさのベビーちゃんです(笑)
新メンバーをヨロシクお願いいたします。







  1. 2016/11/10(木) 22:05:55|
  2. チャイニーズタイガーレッグ Scolopendra sp. “Guizhou”
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅龍

先日脱皮を済ませたブラジリアンレッド。
直後はさらに美しく神々しい・・・

P1150460.jpg

複雑に幾種類の「色味」が混じり合った黒ベースの体に
ピンクがかった赤い体毛。まさに神の創造した生命体!!
素敵すぎます!!!





  1. 2016/11/09(水) 20:42:02|
  2. ブラジリアンレッド Nhandu carapoensis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安全確保

ブラジリアンレッドが本日脱皮していました。

P1150454.jpg

脱皮の予感はありました。
拒食に入ってる事はもちろんですが、2~3日前に観察してみると
腹部に激しくキックした跡を残して、刺激毛が無くなりハゲていました(苦笑)

「種によっては脱皮前に回りに刺激毛を撒き散らし安全を確保して脱皮する
タランチュラがいるらしい」ってネット上で見た事があるのでたぶんその行動
だったんでしょう。









  1. 2016/11/08(火) 21:31:47|
  2. ブラジリアンレッド Nhandu carapoensis
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備万端

現在使用中の保温球が切れた時に備えて50Wと75Wの保温球を
アマゾンから購入しました。

P1150444.jpg

あとは予備でカメ用の水中ヒーターを購入すれば冬支度はカンペキです(笑)









  1. 2016/11/07(月) 21:54:26|
  2. 飼育環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイター

ami sp chica が☆になってからはSS~Sサイズコオロギを給餌する
生体はヤエヤマサソリのみになりましたが、小さいコオロギの管理・給餌は
ほんとに大変でめんどくさい(苦笑)

で、ためしにヤエヤマちゃんにMLサイズのイエコ(頭をかるく潰し弱らせた)
をダメもとで給餌してみたところ・・・・・

P1150422.jpg

なんと襲いかかり捕食しちゃいました!!
(見にくい画像ですいません)

自分の体と同等以上の大きさのイエコに襲いかかるとは・・・・
同じ事を我が家のタランチュラで試したらビビって近づきもしないでしょう。

P1150431.jpg

小さくても「サソリ魂」は健在ってことでしょうか?
凶悪で獰猛な一面を見せてくれました。

P1150436.jpg

数時間後に確認してみると、MLイエコを半分弱ほど食べていました
おかげでお腹パンパンです(笑)









  1. 2016/11/05(土) 21:45:12|
  2. ヤエヤマサソリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「流石」な黒

今更ですがメキシカンピンクは最高に美しい!!タランチュラだと思います。

P1150420.jpg

サーモンピンクの脚毛もさることながら、形容しがたい吸い込まれるような深い深い黒色の地肌。

ブラキ属の中でも別格の人気があるのもナットク!!










  1. 2016/11/04(金) 21:36:43|
  2. メキシカン ピンク Brachypelma klaasi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安心感

我が家で飼育しているヤエヤマサソリは大きさが小さい(2cm弱)って事も
あるんですが、毒性が対人に於いては無しに等しく、毒針も人の肌を
貫通出来ない!?ほどだそうです。

これほど安心して飼育出来るサソリはヤエヤマサソリ以外にいないでしょう(笑)

P1150412.jpg

画像は、飼育当初より少し大きくなったヤエヤマちゃんです。
早くベビー産んでくれないかな~(笑)







  1. 2016/11/03(木) 20:49:33|
  2. ヤエヤマサソリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫌な予感

本日、帰宅するとメキシカンレッドレッグが脱皮していました!!

P1150402.jpg

脱皮殻を確認してみると、生殖口のスリットが有る様な、無い様な・・・
ビミョーな感じ(苦笑)

雄だったりして(汗)








  1. 2016/11/01(火) 21:12:36|
  2. メキシカンレッドレッグ Brachypelma emilia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0